une-cabane

ユヌキャバンヌの「昨夜も映画を観てました」

「アラジン」

www.youtube.com


原題:ALADDIN
ガイ・リッチー監督
2019年、米

監督、ガイ・リッチーなの???!!

あの人、いろんなの作るんだなあ。
キング・アーサー」(2017年)で
コケてたけど、華麗に復活だね。
でもガイ・リッチーだと思って観ると
それにしちゃ意外と普通だったね(笑)!


【ココはとっても良かった!】

■ウィル・スミスがハマってた
 ランプの精・ジーニー役の
 ウィル・スミスがすばらしかった。
 何より、本人が楽しんでいたように見えたのが良かった。
 ところで、もしかしたらジーニーも、
 かつては人間だったのかもな、と思った。
 国務大臣のように、驕った願いを叶えようとして、
 ランプに封じられてしまったのではないか。


ジーニーの願い
 「自由になりたい」→「人間になる」
 という、願いの実現のしかたが興味深かった。
 人はいつか死ぬし、魔法も使えないのに。
 狭いランプの中で精霊として永劫生きるよりも、
 広い世界で人として限りある命を・・・
 ということか。


■キャラクターの配置や相関関係が巧み
 アラジン:人(精霊)の相棒ジーニー、動物の相棒(サル)
 ジャスミン:人の相棒ダリア、動物の相棒(トラ)
 国務大臣:動物の相棒(オウム)、人の相棒はなし
 ちゃんと揃ってるように見えて、「人望」が足りない。
 国務大臣が、敗れるという寸法。


■色の演出が華やか
 普通、非常に難しそうなカラーコーディネートが
 (ピンクと黄色、紫とゴールド、といったような)
 アラブのお姫さまのドレスってことになると、
 本当に豪華で美しく見えた。


■ゴージャスなミュージカルシーン
 アラジンとジーニーの出会いと、
 アラジンが某国の王子に化けて
 ジャスミンに会いにいく場面。
 ミュージカルシーンだけでももう1回観たいね!


ジャスミンのソロ
 ひとりでも戦うわ!と決意を表明する歌、
 ドラマチックで大人っぽい歌詞が良かった。
 誰が書いたのかあとで調べたら
 「ラ・ラ・ランド
 「グレイテスト・ショーマン」の
 コンビだとわかった。納得だ。


■「わたしが(あなたを)捕まえた」
 ディズニー映画を何もかも全部観てきたわけじゃないが
 昨今のディズニーは、ガールズパワーというのか
 女の子の独立心、的なものを打ち出してきている感じがして、
 とても良いんじゃないかなと思う。


■現代人の心を映すキャラクターたち
 メインキャラクターたちを見ていると、
 どの人物からも、
 現代に生きるわれわれの心の 
 どこかに必ずあるもの・・・
 弱さ、強さ、認められたい気持ち
 「本当の居場所は他にある」みたいな気持ち
 肥大化した自己愛、孤独・・・
 そんなものが、透けて見えた。
 特にアラジンには共感した。
 自信のなさや、骨の髄までしみついた
 貧乏性みたいなものが、
 意欲をしぼませてしまう感じ、すごく良く理解できた。
 ある意味とっても人間らしい人間だと思う。



【ここはちょっとなあ】

話をわかりやすくするためであったり、
身分ちがいのふたりが出会ったことの、
論理的な整合性をとるためであったり、
さまざまな事情あってのことと、理解できなくもないのだが、
つじつまをゆるめすぎて「ストーリー破綻寸前」の感。
心が汚れた大人のわたしは、そういうの気になっちゃう。


■陰謀の顛末の描写がザツすぎた
 友好国への侵攻の命令はどうなったのかね。


■仮にも一国の王女がベリーダンスってのははたしてアリなのか??
 そもそもベリーダンスはもっと成熟した大人の女性が
 踊るもの、という話を聞いたことがあるんだけど
 ジャスミンは未婚であるし、あの調子では
 アラジンと出会うまでは恋をしたこともなさそうだったし
 ちょっと若すぎるなと思った。
 高貴な身分の女性に、踊られたダンスかどうかも疑問だ。


■ダリアは魅力的なキャラで、大好きだけれども、
 王女さまに馴れ馴れしすぎないかな(笑)
 あと、ジャスミンには、王女にしては侍女が少なすぎる(笑)


■そもそも、おとっつあんがしっかりしてないからいけないんですよ!
 「王の子が女の子しかいない場合、婿を取るしかない」というのなら
 めぼしい大臣の息子とかを許嫁にし、幼い頃から娘と仲良くさせておく。
 並行して、いずれ国政を任せられるようにその男の子を教育しておく。
 これで良かった。そうすれば、政治は滞らない。
 王女も、結婚をそんなにイヤがらなかっただろう。
 それをどこの馬の骨的な、よその王子から急に婿探しなんて、論外だ。
 「アラジン」は、おとっつあんの失策が引き起こした、内紛の物語だ。
 法的な制約を把握していたはずなのに、さっさと後継者を決めなかった。
 それが内政を混乱させる原因になったと言われてもしかたがない。
 名君みたいに言われていたが、
 ろくなもんじゃないぞ、あのおとっつあんは(笑)!!
 「こんな王だから頼りにならないので、俺が代わりにやってやるんだ」
 ・・・ってかんじで、国務大臣がもっと組織的に、かつ計画的に
 クーデターを起こした感じを、濃くした方が、話がおもしろかった。
 あれだけのことをやったにしては、大臣の動機の部分が甘い。
 なんていうのかな・・・ゆがんだ良くない考え方であろうとも
 彼には彼の事情があったのだ、というか・・・
 彼なりに本気で国を憂えてした、という感じがあっても良かった。
 周到に準備をし、自分の力でやることやって、
 最後の仕上げにランプの力を・・・っていうのならわかるんだけど、
 その感じもあまりなかった。
 ランプ探してるわりには、魔法の杖なんか持っていて、
 王の心を操ったりしていたのも、何かおかしいね。
 杖は、ない方が良かったのでは。
 敵にもマジカルツールを持たせておかないと
 パワーバランス的にフェアじゃない、っていう配慮なのかな(笑)


■国盗りが簡単すぎる
 あの程度で「王位を簒奪した」ってことになる、ってのが解せない。
 軍はいったい何をやってるんだ(笑)


■王子なわけないじゃないですか
 ジャスミンが、本気でアラジンを王子だと思ってたのは、納得いかない。
 王子じゃないとわかっているけど、会いに来てくれたことがうれしいの、
 って感じでいて欲しかった。恋する乙女は、盲目なのかな・・・。


■結局ジャスミンが、侍女も連れずに街をほっつき歩いてた理由は。


■序盤のアレ、伏線かと思った
 アラジンとジャスミンが、同じ歌を知っていたという
 エピソードが、なぜ必要だったのか。
 中途半端に意味ありげなやつを物語の序盤に配置されると、
 生き別れの兄妹とか、アラジンの母がジャスミンの母の侍女とか、
 そんな流れをムダに想像してしまう(笑)

f:id:york8188:20191018231030j:plain

ウィル・スミスの新たな当たり役