une-cabane

ユヌキャバンヌの「昨夜も映画を観てました」

「永遠の門 ゴッホの見た未来」

www.youtube.com

原題:At Eternity's Gate
ジュリアン・シュナーベル監督
2018年、米・英・仏合作

スケッチに励むゴッホを、子どもらがからかう場面があった。
教師までもが侮蔑する。
「今時の画家は木の根っこを落書きして画家を名乗るのよ」
神経を病んだゴッホの幻覚と解釈したが、
社会に受け入れられていないと絶えず感じているなんて、
神経を病んでむしろ当然というものだ。

だが、それでも描き続ける道を選んだ人として
この映画はゴッホを描いていた。
司祭との対話の場面がその覚悟を伝えていたと思う。
ゴッホはこんなことを語っていた。
「どうして、神は僕に、
 『誰にも喜ばれない絵を描く才能』を与えたのか」
「この世界の追放者だと感じてる」
「僕は今ではなく未来の人のために遣わされた」
「イエスの教えも彼の時代には『未来の宗教』だった」

生きている間は誰にも認められなくても、未来のために描く。
重い覚悟だ。ゴッホはキリストではなく、ただの人なんだし。
だが、イエスが人の世の罪を一身に背負って死んだのに似て、
ゴッホは少年たちの罪をかぶり、口をつぐんで逝った。
今や世界宗教としてのキリスト教の地位がゆるがないように、
今日の世界はゴッホの絵を愛し彼の才能を疑わない。

ゴッホは、生きている間には、あんまり
幸福を実感できなかったんじゃないかな、と思う。
苦しい、でも、神が「描き続けよ」と言っているはずなんだ
・・・それだけが頼りだったのだとしたら、
本当に、喘ぐように描いた人生だったんだろうな。
弟とゴーギャンの他には褒めてくれる人もいなかったようだし。
でも、森や山のなかにある時、彼は
優しい陽の光や風に目を細め、満ち足りているように見えた。
大自然とは、神が創りたもうたものなのだと言う。
そこに身をゆだねた時だけは、神が確かに見てくれている、と
感じることができたのかも。

f:id:york8188:20191018232043j:plain

お絵描き中。