une-cabane

ユヌキャバンヌの「昨夜も映画を観てました」

「ジョジョ・ラビット」

www.youtube.com

原題:Jojo Rabbit
タイカ・ワイティティ監督
2019年、米国

単純な反戦映画って感じじゃない。
権力や軍事力や暴力よりも強いものがこの世にはあると
言いたかったのではないかなと。
ジョジョの母が語った「愛こそ最強の力よ」がポイントだろう。
実際に、ナチス独裁政権という狂った状況のなかにあっても
至る所に、愛の花が咲くのが見られた。
相反するイデオロギーのはざまでジョジョが苦しんだのは、
ヒトラーも母もエルサも愛していたからだろう。
ラームは教え子の背中に爆弾を取り付けて敵前に送り出すが
子どもを18人産んだわ、とうそぶいてもいた。
クレンツェンドルフはナチスの大尉だが
側近の青年とひそかに思い合っているらしかった。
ナチス性的少数者も排除対象とした)
ジョジョの母が、守るべき者を二人も抱える身でありながら
あの活動に身を投じたのは、考え方はいろいろだろうが
息子に伝えたかったからでは。「愛こそ最強の力」と。
そのために命まで懸けることになったのは、戦争のせいなのだ。
でも、思うんだけれども、
人の愛はえてして、「差別」「ひいき」の類語に堕ちる。
愛する人のためなら、それ以外の人を殺すことさえあるから。
良心のすこやかさ、良心の声に耳を澄ます力、
人の愛にそれが備わった時、人の世に調和がもたらされるのだろう。
ものすごく難しいことみたいに思えるけど、本当にそうだろうか。
10歳のジョジョでも、心の声を最後まで正しく聞いていた。
まして大人が、やって良いこと悪いことも判らないのはクズ。
そんなことを悪趣味スレスレのユーモア爆弾に練り上げて
全力で投げつけてくる映画だった。
クレンツェンドルフの眼前に立つや、
彼の股間を蹴り上げ、横っ面を張り倒す
ママ・ラビットの伸びた背筋が美しい。

f:id:york8188:20191018232043j:plain

お絵描き中。