une-cabane

ユヌキャバンヌの「昨夜も映画を観てました」

『シャザム!』

原題:Shazam!
デヴィッド・F・サンドバーグ監督
2019年、米

f:id:york8188:20200516180016j:plain

www.youtube.com

『デッド・プール』(ティム・ミラー監督、2016年)ほどの
潔い突き抜け感はなかった気がしたけど、
別にそれが不満、ってわけじゃない。
十分楽しく観た。たまに声出して笑った。
孤児、里親、身体的障害、いじめ、などなど
複雑なことが盛り込まれたストーリーだったけど、
決してシリアスではなく、楽しく観ようね、って感じ。

ビリー少年の笑顔が可愛くてとっても良かった。
大人ビリー=シャザム(ザッカリー・リーヴァイ)に
変身した時にキャラが変わり過ぎだろ! とは思ったけど。
けど、身なりって、びっくりするほど人を変えるので、
あんなムキムキのスーパーヒーローに変身したら、
マインドもそれにつられて、誰でもああいう風に
キャラが豹変しちゃうものなのかも。

それにしても、
「永遠の岩」のセキュリティシステムは一体どうなってるんだ。
あの場所にたどり着くための方法や難易度が場合によって違った。
ドクター・シヴァナは「永遠の岩」への行き方を知ろうとして
その半生のすべてを研究に捧げてきたというのに、
ビリーの義理のきょうだいたちは、ビリーやシヴァナの
あとにくっついていくだけで、簡単に潜入できてしまう。

「永遠の岩」で後継者の出現を待っている魔術師の
人を見る眼はビミョーだなと思った。
どうも、ビリーの時は、ビリーが「良いこと」をしたので、
純粋で正しい心の持ち主だと見込んで招いたらしい。
ではあの魔術師は、世界中の人間の行いをじっと見ていて、
些細なことでも善行をなした人間をピックアップしている
・・・ということになるのだろうか。
でもだとしたら、シヴァナを呼んだ理由は何なんだ。
シヴァナは、「良いこと」を特にしてなかったぞ・・・。
それに、話をビリーに戻すと、
まあ、確かに彼は「良いこと」をした。
義理のきょうだいのフレディを、いじめから救ったのだ。
けど、思いっきり武器を使ってた。
現実にあれをやったらケガではすまない殴り方だった。
子どもも観る映画なので、流血沙汰にはならなかったけど、
果たしてあれを素直に「善行」と言って良いものか・・・。
そもそもフレディのためにしたことってわけでもなかったし。
あの魔術師は、魔力が衰えつつあっただけでなく、
七つの大罪」の影響で、おつむが煮えてきてたのかな。

現実のつらさや、やるべきことから逃げないこと。
弱い立場の人への、思いやりの心。
いざとなったら大切な人を守って戦う勇気。
そんなことを、若い人たちに伝える物語だった。
それをわかりやすく伝えるために、
大人たちのズルくて弱い面が、けっこうハッキリと
打ち出されていたのがおもしろかった。
ビリー少年が母と再会する所とか、実に何と言うか・・・
あの母親の、言い分がね。いやはや・・・。何と言うか。
我が子に対した時に一番やっちゃダメな逃避の形だ、あれは。

敵のシヴァナは怪物「七つの大罪」を使役している。
でも実際に外に出て人を襲うのは7体中6体だけで、
残り1体はいつもシヴァナの中におり、その名は「嫉妬」。
わかりやすくて、なかなかうまい。
ビリーは、
「他の6体に『お前にはどうせできない』と言われて
 ハブられてて、戦いに参加させてもらえないんだろ」
と言って「嫉妬」を挑発し、おびき出していた。
けど、これは実際の所どうなのか。
ビリーの考え方も一理あるんだろうが、
「嫉妬」は、シヴァナのいじけた心の中にいるのが快適で、
中にいたがっているんじゃないかな、と考えたりした。

この通り、普通に考えておかしいだろ! って所が
わりともりだくさんの映画だった(笑)。
吹替版も観たけど、シャザムの声、合ってないし、
そういう所もちょっと、いろいろと・・・。
だけど、まあ、そんなことはどうでも良い。
観てて、気分が上がったし。
ビリー少年役のアッシャー・エンジェルと
フレディ少年役のジャック・ディラン・グレイザーは
心から楽しんで演じているように見えた。
ビールを一口飲んでブー!!!! と吹き出す所や
夜のお店に行ってみる所、実にアホ男子で、笑った。
ラストシーンのフレディの表情も最高。

今回の物語は
スーパーヒーロー・シャザムの「誕生」の物語にすぎず、
人類を救う的な、スケールの大きな話ではなかった。
ただ、魔術師によれば、「七つの大罪」が世に放たれて
世界が壊滅的しかけたことが、遠い昔にあったらしい。
七つの大罪」は今回の物語の中で目覚めたわけだし、
ドクター・シヴァナもまだ何か企んでるみたいだった。
続編があるとすれば、その時は、シャザムはもっと
ワールドワイドな戦いに身を投じていくのだろう。
正直言うと、そんなには興味ないけど(笑)、
せいぜい頑張ってくれ。シャザム!